藤原竜也と窪田正孝が、映画「ST」舞台挨拶で珍会話とは!? | たかこママの気になる芸能情報

藤原竜也と窪田正孝が、映画「ST」舞台挨拶で珍会話とは!?

Sponsord Link




最近の若手男性俳優は、

イケメンで当たり前。

そこからトークが上手かや、

なにか特技があるかなども

必要とされてきています。

しかしそんな中である意味、

自分自身のキャラクターを大事にしながら、

コツコツと仕事を重ねてきている人もいます。




10日に都内で映画「ST赤と白の捜査ファイル」の、

初日舞台あいさつがあり、

出演者たちが出席しました。


そこで、藤原竜也さんと窪田正孝さんが、

珍会話となったようです。



この作品は2013年に、

スペシャルドラマとして単発で放送があり、

その後連続ドラマとして放送された異色のドラマです。


そこからの映画化ということで、

期待も大きいのですが、

それには様々な若手男性俳優が、

揃っているということもあります。



まず主人公には、

天才分析官を演じる藤原竜也さん。


藤原竜也さんは若手男性俳優というよりも、

もう芸歴がかなり長いため、

他の俳優と比べるとベテランを醸しだしています。




映画「ST赤と白の捜査ファイル」が初日舞台





そしてもう1人主演しているのが、

キャリア警部であり百合根友久さん。


こちらはお人好しといういい人キャラなのですが、

岡田将生さんというスタイルも

抜群の大人気俳優さんが演じています。







この2人が並んでいるだけでも

すごいなと思ってしまうのですが、

その他にも、いま若手俳優陣の中でも

注目を浴びている1人である、

窪田正孝さんも出演しています。



窪田正孝さんは、今まで様々な作品に、

出演しているのですが、

最近では立て続けにドラマや映画に出演。



好視聴率を出した大人気NHK連続テレビ小説

「花子とアン」では、

主人公・花子の幼なじみ役として、

ほぼ最初から最後まで出演していました。




様々な役を演じている窪田正孝さん




窪田正孝さんは、顔だけを見ていると、

女の子のようにかわいらしいのですが、


演じている役によっては、

何を考えているのかわからなかったり、


対照的に幼なじみに恋心を抱きながらも、

それを抑えて応援するなど、

様々な人を演じることができるのです。







このような若手俳優陣が出ていることから、

今回の映画も期待されているのですが、

都内で行なわれた初日舞台会見では、

面白い話が飛び出してきました。


なんと藤原竜也さんが、

窪田正孝さんの役に代えてほしかったと言うのです。



今回、窪田正孝さんは、

武道や武術に精通しているという役なため、

数々のアクションにチャレンジしました。


それはそれで本人には相当な負担が、

あったのではないかと思うのですが、

その役が藤原竜也さんが羨ましいというのです。


Sponsord Link



藤原竜也さんと窪田正孝さんが、舞台挨拶で珍会話!?




藤原竜也さんの役は天才分析官なため、

基本的に身体ではなく頭を使う役。


たしかに頭がいい人を演じるということは、

ちょっと難しいのかなと思ってしまいますよね。



このように、藤原竜也さんが、

アクションをやりたかったというと、

それに対して窪田正孝さんは、

「僕は謎解きがしたいです」とコメントをしたのです。


この会話のやり取りが、

珍会話となったわけです。



窪田正孝さんはあまり話しをするという

キャラクターではなかったため、

話しをすることで犯人を、

追い詰める役に憧れていたのだそうです。


たしかにキャスティングというのは、

他の人達が考えてしまうことであるため、

役者さんは与えられた役をこなすしかありません。


ですがこういった公の場で、

自分がやりたい役について訴えていると、

それを見て、

「じゃあこのような作品の時に彼を使おう」

というような人が、出てくるかもしれませんね。

Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

たかこママの気になる芸能情報 TOP » 芸能情報 » 藤原竜也と窪田正孝が、映画「ST」舞台挨拶で珍会話とは!?